メニュー

在宅診療への取組み

田中医院の在宅訪問診療・訪問看護

お年寄りや身体のご不自由な患者さまの介護・看護に困っていらっしゃいませんか?

田中医院では通院困難な患者さま(寝たきり・外出困難・認知症)に定期的な往診を実施しています。
在宅医療の患者さまの定期的な診察を行うことにより適切な介護・看護の指導を行い、ご家族の在宅介護等も支援させていただきます。
当院医師の訪問はもちろん、訪問看護ステーション・病院・他科診療所・薬局などと連携を取りながら患者さまに最適な医療および介護環境の整備をお手伝いさせていただきます。
連携機関に関しましては「相互連携機関」のページをご参照ください。

まずは当院受付までご遠慮なくお申し出ください。
院長より詳しくご説明いたします。

訪問診療をお受けになる際のご注意

  • 通院困難な患者さん(寝たきり・外出困難・認知症)に定期的な往診を原則として月に2回実施します。(月曜日の午後)
  • 症状悪化時には来院しての治療や病院に入院して頂くことがあります。
  • 往診だけでは十分な検査は出来ませんので少なくとも年に2回程度は来院して頂き検査(X-P・採血)を受けて下さい。
    また年に1回は病院で精密検査(CT・胃カメラ等)も受けて下さい。
  • 往診訪問時には、洗面器・お湯・手ぬぐい等を用意してください。
    前回往診以降の生活記録(食事・便・尿・一般状態・気になる事)も用意してください。(ふれあいノート記入)
  • 月初めに家人の方が被保険者証持参の上「往診日」を確認してください。
  • 往診の車代実費を別途頂きます。
  • 諸費用の清算は、月1回家人が来院して窓口受付にてお願い致します。
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME