メニュー

睡眠時無呼吸検査

当院では睡眠時無呼吸症候群にかかっているかどうかを調べるための簡易な検査を行っています。

睡眠時無呼吸症候群とは?

睡眠中に何回も呼吸が止まり、ぐっすり眠ることができない病気です。
大きないびきや起床時にの頭痛・だるさ、夜間の呼吸停止、日中の眠気などの症状が出現します。

日中の強い眠気のために仕事に支障をきたしたり、居眠り運転により事故の発生率を高めたりするなど、社会生活をする上で支障をきたすことが考えられます。

病気かどうかどうやって調べるの?

終夜睡眠ポリグラフィーという検査を行います。
この検査では睡眠中の呼吸の状態、血液中の酸素濃度などを測定し、睡眠時無呼吸になっているかどうかを知ることができます。

こんな症状はありませんか?

  • 大きないびきをかいて寝ている
  • 日中いつも眠い
  • よく眠ったはずなのに起床時に頭痛やだるさがある
  • 夜間に呼吸が止まっている
  • 居眠り運転をよく起こしそうになる
  • 夜中に何度も目が覚める

当てはまると思ったら…
8つの状況での眠気を4段階で評価してみましょう。

0点:決して眠くならない
1点:まれに眠くなる
2点:時々眠くなる
3点:眠くなることが多い

状況点数
1.座って読書をしているとき 0 1 2 3
2.テレビを見ているとき 0 1 2 3
3.人がたくさんいる場所で座って何もしていないとき
(例えば会議中や映画鑑賞中)
0 1 2 3
4.車に乗せてもらっているとき(1時間位) 0 1 2 3
5.午後、横になって休憩しているとき 0 1 2 3
6.座って誰かと話をしているとき 0 1 2 3
7.昼食後、静かに座っているとき 0 1 2 3
8.運転中、渋滞や信号待ちで止まっているとき 0 1 2 3
合計

合計が11点以上の場合、無呼吸症候群の疑いがあります。
検査をご希望される場合は、お気軽に当院の医師にご相談ください。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME